【コラム】「おむつ替えが拍子抜けするほど楽!」

○いいこと満載、ふんどし育児をするとどうなるの?

・おむつ替えが拍子抜けするほど楽!

ふんどし育児は、とにかくおむつ替えが楽です! 
おむつが濡れたら、輪おむつをサッと引っ張って取り、新しいものに替えるだけ。赤ちゃんが寝ていても立っていても簡単にできるのです。
一般的に、ねんねのときは前で留めるタイプのおむつカバー(あるいは紙おむつ)が楽で、たっちを始めたらパンツタイプが楽と言われます。でも、実際には、パンツタイプは脱がせるのに手間がかかるし、うんちの時はカバー(や紙おむつ)を下ろすときにうんちが脚についてしまって「ああ~……」ということになることもしばしばです。

しかも、この時期の子どもはじっとしていないから、脱がされるのも履かされるのもイヤーっとなってしばし格闘。ああ、うんちがまだ拭けてないのにっ! もう、ちょっと動かないで! ……といった日々に疲れがたまるお母さんも多いかと思います。
それに対して、ふんどしは、おむつバンドに挟んだ布を下にひっぱるだけだから一瞬で脱がせられ、またつけるときも、ただ挟むだけだから一瞬です。
前で留めるタイプのカバー(や紙おむつ)のように寝かせる必要もなければ、パンツタイプのカバー(や紙おむつ)のように、子どもを押さえて足を片方ずつパンツの穴に入れて上まで上げて、というプロセスも要りません。(最近の紙おむつは破れるようですが。)

「今までの苦労は何だったの?」
と拍子抜けするくらい楽です。日々おむつ替えに苦労している方に、ぜひお試しいただきたいのです!

(第一章「いいこと満載、ふんどし育児をするとどうなるの?」より抜粋)