【コラム】冬のふんどしスタイルについて

寒くなってきて、お話会などでも
「夏はふんどしでいいのですが、冬はどうしたらいいのですか?」
という質問を受けることが多くなったので、本の中から冬のふんどしスタイルについての部分を抜粋してみますね!

冬も、かなり寒くなるまでふんどし+レッグウォーマー、さらに寒くなってきたらふんどし+レッグウォーマー+腹巻、にしていたのですが、真冬はウールソーカーを履かせていました。
ウールソーカー、これ、本当におすすめです!
もし、ふんどしスタイルはちょっと厳しいなあと思われている方がいらしたら、ぜひこれだけでも取り入れてみてください。簡単に言うと毛糸のパンツのようなものです。ここにするっと輪おむつを入れるだけです。撥水もするので漏れません。でも蒸れも少ないのです。
ウールソーカーは、ドリームナッピーズやルーピスト等の布おむつのネットショップなどで買うことができるほか、自分で毛糸で編むこともできます。ウールの自浄作用があるので、洗濯が必要なのは、うんちがついて取れなくなったときくらいでOKなのも嬉しいです。
たまにせっかくウールソーカーを履いているのに、その中にさらに普通のおむつカバーをしている人を見かけますが、もったいないなあと思います。
ウールソーカーを履いているときのおむつ替えの様子を見せると、どこでも誰でも
「え?! おむつ替えってそんなに簡単なの?!」
と驚かれます。おばあちゃんや、園庭解放で遊びにいった保育園の保育士さんたちにも何度もびっくりされました。
ウールソーカーを履くとき、おむつバンドは、普段のように輪おむつを留めるのではなく、ウールソーカーの外側にはめるほうがよいようです。
腰にゴムが入っているウールソーカーなら別ですが、ゴム編みになっているだけだと、動いているうちに輪おむつの重みでウールソーカーがずり下がってしまいやすいし、ウールソーカーの中でがさごそおむつバンドを留めるのは、おむつ替えの手間がかかるためです。

以上、いろいろ方法を書いてきましたが、あくまで季節と月齢によって違うと思うので、適宜調整していただけたら良いと思います。
わたしが書いているのは、四月生まれ、京都・奈良でのケースなので、皆さまの参考にしていただけたらと思います。自分で子どものことを考えて創意工夫できるっていうのは、お母さんの特権です。ぜひ楽しんでチャレンジしてみてください。

(第二章 実践!ふんどし育児・季節別バリエーション より抜粋)